日々の色々

そのときやってることはまってることについて書いてくよ

クレカがなくてもストレングスファインダー

アルバイト先でGallupのStrengthsFinderを受ける機会があったので、そのやり方について簡単に紹介します。 その前に、そもそもStrengthsFinderってなんだよ知らんわって人も多いと思います(私も今回はじめて知った)。 なので、先にStrengthFinderの説明おば(以下のURLはStrengthFinderの日本語サイト)

www.gallupstrengthscenter.com

StrengthsFinderとは

StrengthsFinderとは、一言でいうと自分の強みを探し教えてくれるシステムです(ドンッ!
そのまんまじゃねぇかって石投げないでくださいw

ちゃんと説明すると、StrengthsFindはアメリカの世論調査と組織コンサルティングを行うGallup社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールだそうです。 具体的には、質問に答えていき、そこから自分の強みを見つけ、アドバイスをくれます。 ここまでの説明では、よくある診断システムの一種ですね。 しかし、StrengthsFinderは自分の強みに対して提示される圧倒的な情報量や、その後の行動計画を具体的に示してくれることなどが、一般的な診断システムとの違いです。 実にアメリカらしいサービスですね(偏見)。 まぁその代わりそこそこお金がかかるのですが、Top5についてだけみたいなら1000円程度で済み、見返りはそれ以上にあったと思うので、自分は気にならなかったです。

StrengthsFinderをやってみる

それでは、StrengthsFinderをやってみましょう。そしてやっと本題なのですが、StrengthsFinderはクレジットカードがあるならWebからすぐにできるのですが、ない場合は直ぐにできません。。。

そこで、appleandroidStrengthsFinderアプリをダウンロードし課金カードを利用してアプリ内課金を行うわけです。

手順としては、AppleStoreなりGooglePlayなりでStrengthsFinderと検索し、以下のアプリをダウンロードします。 アプリは、英語ですがテスト自体は日本語で受けることができるので安心して下さい。 f:id:ucchi_in:20160526064121p:plain

そして、アプリを開くとこんな画面が出てくると重います。

f:id:ucchi_in:20160526064327p:plain

この画面のGet Your Strengthsを押した後、Top5のところのpurchaseボタンを押します(34個全て見たい人は下の方を)。 そして進めていくとプロフィール欄がでてくるのでプロフィールを入れていって登録は完了です。 自分はこの後、PCからログインしてテストを受けましたが、勿論スマホからもテストは受けれるみたいです。

おわりに

私の強みはこんな感じでした。 f:id:ucchi_in:20160526122638p:plain

StrengthsFinderをやって自分の内面を見つめる良い機会となったと思います。 やってみて大変面白かったので、皆さんも是非やってみてください!!

ジャストシステムでのインターンシップ

人工無脳バトル

もうだいぶったってしまいましたが、12月12~13日にジャストシステムでのインターンシップに参加しました。人工無脳バトルということで、Twitterbotを開発してリプライ数などを競うといった内容で、時間的にもハッカソンのような開発大会といった感じでした。開発言語はPythonに決定しました。私が担当した部分としては、サンプルがRubyだったので、それをPythonに書き換えるといった部分と、APIに投げる形式に情報を整えるといった部分を担当しました。RubyPythonの両方を触ったことがあって良かったです。

JustTechTalk

1月15日にジャストシステムの勉強会JustTechTalkで人工無脳バトルについて発表を行いました。 社内見学やメンターの方とのお話などができて、将来のための実りのあるものとなりました。 また、勉強会では機械学習についての面白い話が聞けました。 勉強不足も感じたので、これからも一層努力していきたいと思います。

f:id:ucchi_in:20160115155256j:plain

エミーリアの祈り

教区長エミーリアの祈り

今回もブラッドボーンの記事で、日本語版になって聞き取れるようになったので、教区長エミーリアの祈りのセリフをテキストにおこしただけです。 祈りのセリフは以下の様なものです。

密かなる清潔に、血の乾きだけが我らを満たし、また我らを沈める。
清潔を得よ。だが人々は注意せよ。君たちは弱く、また幼い。
冒涜の獣は蜜を囁き、深みから誘うだろう。だから人々は注意せよ。
君たちは弱く、また幼い。恐れをなくせば、誰一人君を嘆くことはない。清潔を得よ。
祝福は望み、よく祈るのなら、拝領を与えられん。拝領を与えられん。

カレル文字にある通り、拝領は医療教会、あるいは医療者たちの象徴、つまり血です。 要するに、獣を恐れ獣の誘惑に負けなければ、医療協会の祝福の血を与えるってことかと考えてます。

教区長エーミリアは、目の前で獣化するし、獣化してもペンダント大事に持っていたり、妊娠してる説とかあったり、いろいろ考察しがいのある面白いボスですね。 それになにより、獣バージョンのデザインがとても良い。大鷲のトリコみたいに、教区長と旅したい...

f:id:ucchi_in:20160111073215p:plain

最後に

やっぱり英語版の方がしっくりくるけど、日本語版も雰囲気変わって面白いです。 手軽に切り替えできるので、日本語版も体験してみてください。 私は、声優陣の豪華さに驚き、アデラインに出会ったとき発狂ゲージが溜まりました…

Blooborneの人物相関図書いてみた

Blooborneの人物相関図書いてみた

今更ですが、やっとこさフロム・ソフトウェアさんのブラッドボーンのトロコンが終了し、一区切りつきました。 ブラッドボーンは、ソウルシリーズにはない疾走感・爽快感があり、新鮮な気持ちでプレイできました。(ソウルシリーズが懐かしくなってやりにいったりしちゃったけど) それでストーリー考察をしてみようってなった時に、登場キャラクター多くてわけわかんなくきたので、ざっくり登場人物の相関図を書いてみようと思った次第です。この相関図は筆者の主観と今まで見た考察の影響がもろに反映されています。そのため、正確なものとは言いがたいものですが、ご容赦ください。また、デュラやヴァルトール、ブラドーなど相関図に入ってない人もいて、申し訳ないです。もし、間違ってるところ等ありましたら、ご指摘いただけると幸いです。

<注> 人物相関図多くのネタバレを含みます、まだクリアしてない人は一応見ないことおすすめします f:id:ucchi_in:20160111090429p:plain

最後に、ブラッドボーンの公式サイトと参考にさせていただいた考察を載せておきます。

www.jp.playstation.com

Bloodborne (ブラッドボーン) 神攻略wiki / ストーリー考察

ストーリー考察 - Bloodborne設定考察 Wiki

ブラッドボーン:ストーリー&設定考察(最新版) | リュンポリス - 楽天ブログ

DLC考察 - Bloodborne設定考察 Wiki

デバイス機器を用いたプログラミング

はじめに

この記事はSLP KBIT Advent Calendar 2015 - Adventarの20日目の記事です。

LeapMotionを使用したプログラミング

今回は、LeaPresenの改良を行った際に、LeapMotionを使用することになりました。そのため、今回はLeapMotionでの開発の基礎みたいな記事を書いていきます。LeapMotion、ひいてはデバイスを使用したプログラミングに興味のある方は是非読んでいってください。もし、LeapMotion興味ないって人は最後の「デバイスを使ったプログラミングをしてみて」ってところだけでも読んでいただければ幸いです。

 

github.com

github.com

 

LeapMotionとはなんぞや

 LeapMotionとは、両手の指の動きを検知し、空中ジェスチャ操作を認識するNUI機器で、サイズは小さくポケットに入るほど小型なデバイスである。また、値段も一万円以下とNUI機器の中では安価な商品である。対応OSにはWindows, MacOS, Linuxと幅広く対応している。ただし、2015年12月現在ではWindows10には対応できていないようである。最近の傾向としては、UnityやVR機器との連携に力を入れているように感じる。

f:id:ucchi_in:20151219200511p:plain

 

実際に動かしてみよう

LeapMotionをPCに接続して、公式のセットアップから環境に合わせてソフトをダウンロードしよう。そして、LeapMotionを接続してApp Homeを開くとデフォルトで入っているアプリケーションで遊ぶことができる。また、LeapMotionのAppStoreがあるので、そこから無料のアプリをダウンロードすることもできる。これだけの説明じゃ分かんねぇよ!!って人は”LeapMotiton Setup”で検索検索ゥ

LeapMotionでの開発

それでは、次は環境構築の手順について説明します。最初に、この記事を書いているときの私の開発環境はこのようになっています。適宜、自分の環境に読み替えて見ていってください。

 LeapMotionSDKのインストール

公式の開発者のところから LeapMotionSDKのインストールを行います。そしてダウンロードされたLeapSDKを解凍した後、任意の場所においてください。(今回はCドライブ直下とします)

VisualStudioの設定

VisualStudioを起動したら、[ファイル][新規作成][プロジェクト][テンプレート][VisualC#]とすすみ、[コンソールアプリケーション]を作成します。(色を黒に変えているので見にくかったらスミマセン)

f:id:ucchi_in:20151219210413p:plain

プロジェクトができたら、LeapMotionを使うための設定を行います。[プロジェクト][参照の追加]、ボタンの[参照]とすすみ、[C:\LeapSDK\lib\Leap\LeapCSharp.NET4.0.dll]を追加します。

f:id:ucchi_in:20151219211108p:plain

最後に、[プロジェクト][プロパティ][ビルドイベント]とすすみ、ビルド後に実行するコマンドラインのところに、以下の文を追加します。

xcopy /yr "C:\LeapSDK\lib\x86\Leap.dll" "$(TargetDir)"

xcopy /yr "C:\LeapSDK\lib\x86\LeapCSharp.dll" "$(TargetDir)"

 

f:id:ucchi_in:20151219211719p:plain

アプリの実行

先ほどダウンロードした[C:\LeapSDK\samples\]にある[Sample.cs]の内容をコピペして実行します。結果が見えにくいですが、LeapMotion上に手をかざすとこんな感じになれば成功です。

f:id:ucchi_in:20151219220044p:plain

LeapMotionにできること

LeapMotionでは手のモーションや、伸ばしている指の検出など様々なことがが行えます。この辺を説明すると長くなるので、ここのサイトのサンプルと説明を見ればだいたい分かるので参考にしてください。(マル投げ)

もし、サンプルが動かなかったら、上記で行ったビルドイベントのところを確認してみてください。

www.buildinsider.net

デバイスを使ったプログラミングをしてみて

 今回は、LeapMotionを使用したアプリケーションを作成したので、その導入部分を紹介しました。デバイス機器を用いたプログラミングを行ってみて、まず動かなかったり、値が思ったように取れなかったり、座標がどのようになっているのかが分からなかったり、今まであまり苦戦したことがないことに苦労しました。しかし、外部機器を用いたプログラミングは面白く、見た目的にも映えるものを作りやすように感じます。昨今ではLeapMotionに限らず、OculusRiftやKinectなど様々なデバイス機器が安価になり手に入りやすくなってきています。皆さんもこれを期に様々なデバイスを利用したプログラミングを初めてみてはいかがですか? 

 

参考にさせていただいたサイト

Leap Motion Developer SDK で開発できる環境を整える(Windows C# 編) - Natural Software

 

物理演算エンジンについて

SLP Advent Calendar 2014

今年もこの時期がやって来ました。そうSLP Advent Calendarの季節です!!

去年の記事を書いて1年がたったと思うと嘘のようです。てか、1年たつの早くねぇかオイ!!やりたいこと全然やれてないぞ …本当に大学入ってからは時が過ぎるのが早い……それでは、今年もAdvent Calendarの1枠分を頂いて、ポーカーとかrailsとかテストとかやること色々あるけど物理エンジンについての記事を書いていきます。

物理演算エンジンとは

 物理演算エンジン(ぶつりえんざんエンジン、Physics engine)は、質量・速度・摩擦・風といった、古典力学的な法則をシミュレーションするコンピュータのソフトウェアである。 略して物理演算、物理エンジン、Physicsとも言う。エンターテイメント分野や科学技術計算分野に利用されている。GMV所属の人やゲームを作ってみたいと思っている人は、今後触ることもあると思う。もし気合のある物理とプログラム大好きっ子は物理演算エンジンの計算なんかを理解して教えて欲しい。俺には何をどうしてそうなるかが全くわからない……

物理演算エンジンの凄さ

物理演算エンジンは、現実世界ではやることが出来ないことや実行するとしても多くのお金がかかることを、リアルに再現できるシステムである。今日では映画やゲームの3DCGや、飛行機や車のシミュレータなどにも使用されている。昔は物理演算エンジン搭載の3DCGソフトウェアはとても高額だったそうだが、現在では安価なものやフリーなものなども出てきている。

素晴らしいソフトUnity

物理演算エンジン搭載の3DCGを扱える、ゲームエンジン"Unity"についてちょこっと紹介する。Unityに関しては他の方がAdvent Calendarでやるようなのでそちらをお楽しみに!正直説明するのも難しいので実際にやっている画像を載っけていく。

f:id:ucchi_in:20141207233006p:plain

図1.跳ねるボール

 

 f:id:ucchi_in:20141207233018p:plain

図2.跳ねながら飛んで行くボール

f:id:ucchi_in:20141207233912p:plain

図3. 複数のボールを転がす

 

やっては見たが画像だけだとなんじゃこりゃって感じですね(笑) 

本当はもっと視覚的に見て面白いものをお届けしたかった orz

このくらいのことならUnityを使用すれば簡単に行うことが出来るので、興味がわいたら是非試してみてください。 

最後に

今までの過程で物理演算エンジンスゲーってなってる人は少ないと思うので、最後に私がこの題材について書こうと思うきっかけとなった記事を紹介させていただきます。

映画トランスフォーマーで使われる物理エンジン!遺伝的アルゴリズムとの融合 - NAVER まとめ

【CG】ディズニーが開発した、雪の動きのシミュレーション映像がもはや実写レベル - よっちーの小屋

それでは、堅苦しい題材&拙い内容ではありましたがここまでお付き合い頂き本当に有難うございました。私はこれから明日のテスト勉強を始めたいと思います(白眼)

 

 参考文献:Wikipedia 物理エンジン 

                   Wikipedia Unity

GMVでの活動

  私はSLPという香川大学工学部のサークルに所属している。SLPの1年は今年度の後期からプロジェクトチームに分かれて活動している。プロジェクトチームにはGMV、CEM、ETR、WSPの4つのチームがある。私が所属しているのはその4つのチームの内の1つ、GMVである。GMVとは主にゲームやVRについて研究しているプロジェクトチームである。

  GMVに入って初めての活動はオセロの戦術AIを作るというものでした。いきなりAIを作成するということだったので、初めは想像もつかずできるわけがないと感じました。しかし、配列と関数について先輩方に教えていただた後、B1の友人や先輩方からオセロの基本的な考え方などを聞いたりしながら、なんとか中間発表までに動くだけのプログラムが完成しました。その後、最終発表までに評価値表と呼ばれる、盤面に点数をつけて高い点数の場所を優先して自分の手を置くというプログラムを作ることができました。しかしもう1つ実装しようと考えていた、とれる数を調べるプログラムが未完成のまま最終発表を迎えてしまいました。今現在、Javaを使用してオセロゲーム自体を作成するというプロジェクトが始まったので、機会があればとれる数を調べるプログラムを実装したいと考えています。 

  二つ目の活動としてポーカーの戦術AIを作成しています。ポーカーでは扱うオセロに比べて、扱う値が増えたので難しくなりましたが、オセロで学んだことを生かしながらAIを作成していきました。現在、役の判定はペアとフラッシュは実装することができました。しかし今ストレートの判定の実装にてこずっています。せめてストレートの判定だけは実装させて終わらせたいと考えています。 

  前述の通り現在は、Javaを使ってオセロを作成しています。これは1年と先輩でチームを組んでのプロジェクトで、先輩と協力しながらオセロを作成しています。まだ、機能や仕様を決めただけで本格的に作成にはとりかかっていませんが、これから決定した機能、仕様にできるだけ近づけていきたい。また将来的にはVRについて研究したいと考えていきたいのでGMVでのキネクトを使った研究に参加したいと思います。